event

【イベント】人と機械の適度な距離:ロボット・AI・人体改造

人とロボット、人工知能の関係性はますます複雑になってきています
そして同時に強烈な問いを突き付けます:すなわち人間とは、知性とは何なのか
人と機械は感情的な繋がりを持つことができるのか
機械は人間の機能を拡張するのか
そして研究者の責任やイノベーションの在り方は国によってどう違うのか
本イベントではフランスとロシア、そして日本の研究者が
人と機械の関係性に関する研究動向の様々な事例を紹介します

■日時:2018年5月12日(土) 10:00-12:30 (9:30開場)
■場 所:東京大学本郷キャンパス セイホクギャラリー【地図】
■プログラム
10:00-10:05    開会挨拶:江間有沙(東京大学)

10:05-10:40    講演1:Laurence Devillers (Paris-Sorbonne University, France)
  Affective and Social Dimensions in Spoken Interaction: Technological and Ethical Issues

L. Devillers is a Full Professor of Computer Science at Paris-Sorbonne University and she leads a team of research on ‘Affective and Social Dimensions of Spoken Interactions’ at the CNRS. Her background is on machine learning, speech recognition, spoken dialog system and evaluation. Since 2001, she is working on affective computing and participates in BPI ROMEO then ROMEO2 project, which has the main goal of building a social humanoid robot. She leads the European CHIST-ERA project JOKER: JOKe and Empathy of a Robot. She has (co-) authored more than 150 publications (h-index=36). She is a member of AAAC (board), IEEE, ACL, ISCA and AFCP. She is involved in the Eurobotics Topic Groups: “Natural Interaction with Social Robots” and “Socially intelligent robots”. She is member of the working group on the ethics of the research in robotics (CERNA) and heads the Machine Learning/AI and Ethics WG. She is also involved in the Affective Computing Committee of the IEEE Global Initiative for Ethical Considerations in the Design of Autonomous Systems (2016) and leads the working group P7008 on nudging.

 

10:40-11:15    講演2:大澤博隆(筑波大学)
   Human-Agent Interaction as Substitution of Emotional Labor / 感情労働の代替としてのヒューマンエージェントインタラクション

2009年慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻博士課程修了。2009年慶應義塾大学訪問研究員および米国マサチューセッツ工科大学AgeLab特別研究員。2010年日本学術振興会特別研究員PDとして国立情報学研究所へ出向。同年から2011年にかけて、JSTさきがけ専任研究員に従事。2011年より2013年まで、慶應義塾大学理工学部情報工学科助教。2013年より現在まで、筑波大学システム情報系助教。ヒューマンエージェントインタラクション、人工知能の研究に従事。共著として「人狼知能:だます・見破る・説得する人工知能」「人とロボットの〈間〉をデザインする」「AIと人類は共存できるか」など。マンガトリガー『アイとアイザワ』監修。人工知能学会、情報処理学会、日本認知科学会、ACM等会員。博士(工学)。

 

11:15-11:50    講演3:Elena Seredkina (Perm National Research Polytechnic University, Russia)
  Stakeholder Opinion Survey in Japan and Russia on AI/robots: Global and national perspectives

Dr. Elena Seredkina gained her PhD degree at Saint Petersburg State University in the field of History of Philosophy (2005). She has been working on the philosophy of science and technology at Philosophy and Law Department of Perm National Research Polytechnic University since 2003. Head of the Youth Department of the Union of Artificial Intelligence at the Russian Academy of Sciences in Moscow (2006-2007). Being involved in the research of Technology assessment as a Head of the research laboratory RRI_Lab (since 2014) at the global and national level she has been one of the main leaders on this topic in Russia and constantly works in an interdisciplinary team on the TA/RRI projects. Her research focuses on philosophical and methodological problems of technology, national models of technology assessment and “participatory turn” as a RRI approach.

 

11:50-12:25    講演4:本田康二郎(金沢医科大学)
  What is Body-conservatism  / 身体保守主義とは何か?

東京農工大学工学部卒。東京農工大学大学院生物システム応用科学研究科修了(修士(学術))。北海道大学文学部卒。北海道大学大学院文学研究科思想文化学専攻博士後期課程単位取得退学(修士(文学))。金沢工業大学講師(技術者倫理)、同志社大学講師(ライティング)、同志社ITECリサーチコーディネーター(科学技術政策)を経て、現在金沢医科大学准教授(医療倫理、ライティング)。研究分野は現象学、技術哲学、科学技術倫理。2011年に「ロボット応用哲学会」の創設に関わり、ロボット倫理学の研究を開始する。現在の主な研究関心は、人体改造とトランスヒューマニズムの哲学と倫理である。

12:25-12:30   総括と閉会挨拶:城山英明(東京大学 教授)

■定 員:先着50名
■参加費:無料
■言 語:英語(同時通訳なし)
■申込み:こちらからお申し込みください
■主催 東京大学政策ビジョン研究センター
■共催 AIRBeneficial AI Japan東京大学次世代知能科学研究センター

■問い合わせ先
東京大学 政策ビジョン研究センター