report

“Perspectives on Artificial Intelligence/Robotics and Work/Employment”公開のお知らせ

国立国会図書館 平成29年度 科学技術に関する調査プロジェクト:人工知能・ロボットと労働・雇用をめぐる視点, 2018 の全訳(英語)がAIRのウェブサイトで公開されました:

Perspectives on Artificial Intelligence/Robotics and Work/Employment
Contents

Preface for English translation
Preface
Summary

Introduction1

Part 1 Trends in Research and Technology
Ⅰ Knowledge Processing and Machine Learning
Ⅱ Natural Language Processing
Ⅲ Image Acquisition and Recognition
Ⅳ Speech Interfaces
Ⅴ Human-Agent Interaction
Ⅵ Robots
Ⅶ Internet of Things
Ⅷ Multi-agent Systems
Ⅸ Crowdsourcing

Part 2 AI Trends by Domain
Ⅰ Healthcare
Ⅱ Elderly Care
Ⅲ Art and Design
Ⅳ Education
Ⅴ Hospitality
Ⅵ Transportation / Mobility
Ⅶ Agriculture
Ⅷ Public Order and Security
Column 1 AI applications for Defense and National Security Overseas
Column 2 Japanese Chess (Shōgi)

Part 3 AI and Employment Overseas, and in Development, Utilization and Management of Human Resources
Ⅰ AI, Robotics and Employment Policy Trends in US
Ⅱ AI, Robotics and Employment Policy Trends in EU and Germany
Ⅲ AI and Employment Issues in France
Ⅳ AI, Robotics, and Labor in the Chinese Workplace
Ⅴ Technological Innovation and Employment
Ⅵ Human Resources and Labor Management by IT and its Regulation: Japan and Overseas
Ⅶ Development and Recruitment of AI-related Human Resources

report

[開催報告]「人と機械の適度な距離:ロボット・AI・人体改造」

人とロボット、人工知能の関係性はますます複雑になってきています。
そして同時に強烈な問いを突き付けます:すなわち人間とは、知性とは何なのか。人と機械は感情的な繋がりを持つことができるのか。機械は人間の機能を拡張するのか。そして研究者の責任やイノベーションの在り方は国によってどう違うのか。

2018年5月12日に開催されたイベントでは、フランスとロシア、そして日本の研究者が、人と機械の関係性に関する研究動向について紹介しました。

まず、開会の挨拶として東京大学の江間が、本イベントをInternational(国際的)、哲学から技術まで及ぶInterdisciplinary(学際的)、そして人と機械、技術と社会のInteraction(相互作用)という点から構成したと話しました。

最初の話題提供者であるソルボンヌ大学のローランス・ドヴィレー氏は「音声インタラクションにおける感情的社会的側面:技術的かつ倫理的な課題」と題して講演を行いました。機械学習や音声認識の研究者でもあるドヴィレー氏は、介護の現場などにおいて人間と機械の「感情的なやり取り」の重要性を指摘し、人間の感情を認識、解釈、シミュレートできるシステムの研究をしています。一方で、感情に関する研究には、人の行動を誘導したり操作したりしかねないという社会的かつ倫理的な課題が付きまといます。そのためドヴィレー氏は全米電子電気学会(IEEE)の標準化ワーキンググループ「ロボットや知的で自律的なシステムによる倫理的なナッジング」(IEEE-SA P7008WG)を主導し、許容される誘導とそうでなはない誘導の違いは何か、そのためにはシステムにどのような透明性や説明可能性を埋め込む必要があるかを議論しています。

続いて、筑波大学の大澤博隆氏が「感情労働の代替としてのヒューマンエージェントインタラクション」と題して講演を行いました。ヒューマンエージェントインタラクションとは人と人間のように受け取られる機械(エージェント)の関係性をデザインする研究分野です。例えばエージェントをユーザの間に介在させて、ユーザ間に嫉妬の気持ちを引き起こすことが出来ることを示した研究があります。このように技術の設計によって人間同士の関係性を誘導したりする研究もあれば、逆に人間の感情労働を技術によって軽減することができるのではないかとする研究も紹介されました。大澤氏は、人と人との「騙し合い」をする人狼ゲームをエージェントにさせる「人狼知能」研究も行っています。機械が人間社会に介在する環境において、機械が人を騙すことができるのか、人が機械を信じることができるのかの研究に対しては、社会的な規範について考えることが重要であるとも指摘されました。

次に、ペルミ国立工科大学のエレナ・セレドキナ氏が「日本とロシアにおける人工知能/ロボットのステイクホルダー調査:国際的/国内的な視点」と題してロシアで行った調査結果報告を行いました。日本でAIR研究グループが行った調査をベースに、運転や介護などのタスクに対し「どこまでなら機械に任せたいか」をロシアの技術者や人文社会科学の研究者、大学院生、SF作家など様々な集団に対して行ったところ、日露で大きな傾向の違いはなかったようです。しかし、「介護」に関して、日本のほうがロシアよりも機械化に好意的な率が高かったそうです。その理由として、ロシアの平均寿命が日本よりも低いこと、社会的にも介護ホームなどではなく家族が面倒を見るのを良しとする社会規範が根強いということがあるのではないかと紹介されました。また、ロシアはソ連時代から科学技術に対して積極的なテクノクラシーが人口の一定割合占めるものの、ロシア正教など保守的な考えを持つ人たちとの間で、最先端技術に対する考え方が二分されているという文化的な背景も重要であることが紹介されました。

最後に「身体保守主義とは何か」と題して、金沢医科大学の本田康二郎氏が「我々はなぜ人型のロボットを求めるのか」という根本的な問いを提示しました。人間の身体機能を模倣した人型ロボットを、逆に人間の身体器官の代替物として埋め込むことが現在行われています。このようにして人間進化を加速すると主張する「トランスヒューマニズム宣言」では、人間が身体を自由に改造することについて他者から干渉を受けない自由(「形態的自由」=Morphological Freedom)を有するべきであると謳っています。これに対し、行き過ぎた身体改造を制限する「身体保守主義」の立場を本田氏は提唱しました。その根拠の一つとして、身体改造は単に能力増強を意味するだけではなく、改造前後の人間では同じ「世界」を共有することができず世界が分断されてしまう懸念を提示しました。

閉会挨拶として東京大学の城山英明氏は、本イベントのタイトルである「人と機械の適度な距離」だけではなく、その前提としての「人と人との距離」について考えをめぐらすことの重要性を指摘しました。本イベントでは人と人との関係に機械がどのように介入していくのか、そのデザインの仕方には技術だけではなく、倫理的、社会的、文化的な要素が含まれていることが紹介されました。議論をより深めていくためには、国際的かつ学際的な議論が今後も重要となります。

(文責:江間有沙)

report

【開催報告】2018年度人工知能学会全国大会 企画セッション「AIに関わる安全保障技術を巡る世界の潮流」(2018/6/5)

2018年6月5日に開催した、2018年度人工知能学会全国大会 企画セッション「AIに関わる安全保障技術を巡る世界の潮流」(BAI Japan共催)の開催レポートを公開しました。

【開催報告】2018年度人工知能学会全国大会 企画セッション「AIに関わる安全保障技術を巡る世界の潮流」(2018/6/5)

event

[イベント]プライバシー保護、GDPRと自由貿易:日本とEU関係の見通し

2018年5月に施行されたEU一般データ保護規則(Gneral Data Protection Regulation: GDPR)によって、欧州と日本におけるデータ保護や貿易の関係はどのように変化するのでしょうか。オランダのマーストリヒト大学法学部のヴィジェレンツア・アバジ先生をお招きしてお話をお伺いします。

日 時:2018年7月2日(月)13:00-14:30
場 所:東京大学伊藤国際学術センター3階 中教室 【地図
講師:ヴィジェレンツァ・アバジ准教授(マーストリヒト大学法学部)
ディスカッサント:松尾剛行氏(桃尾・松尾・難波法律事務所・弁護士 慶應義塾大学講師(非常勤))
司会:江間有沙特任講師(東京大学政策ビジョン研究センター)
定 員:先着50名
参加費:無料
言 語:英語(同時通訳なし)
申 込:こちらからお申し込みください
主 催:東京大学政策ビジョン研究センター
共 催: AIRBeneficial AI Japan東京大学科学技術イノベーション政策の科学教育・研究ユニット

Privacy Protection, GDPR and Free Trade: An Appraisal of the EU-Japan Relations

Negotiations for the world’s largest free trade agreement were recently concluded by Japan and the European Union. As of March 2018, Japan is also a signatory of the Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership (CPTPP), joining 11 countries after the US withdrew from the original Trans-Pacific Partnership (TPP). These trade agreements aim to mark a ‘new era’ in cooperation and have a global impact through trade partnerships. Yet, another key aspect of these agreements, although somewhat hidden from public view and debate, is the role of free data flows and data privacy. On the European side, in January 2018 the European Commission announced that it would endorse provisions for data flows and data protection in EU trade agreements. Furthermore, as of 25 May 2018, the General Data Protection Regulation (GDPR) will enter into force in the EU, having direct implications for businesses globally, including Japan. The EU and Japan, in a joint statement, stressed the importance of ensuring a high level of data privacy, acknowledging it as a fundamental right and as a central factor of consumer trust in the digital economy. Experts have argued that the EU would use the GDPR as a condition for free data flows, which would in turn imply complementing the existing adequacy assessment procedures and promoting the GDPR as the global standard. Hence, questions arise as to whether these legal regimes collide and what are the implications for the EU-Japan partnership? Will European privacy rules indeed dominate and is the economic partnership with Japan a first step towards a larger trend in this direction? This lecture addresses these issues and questions with the focus on the EU-Japan relations, particularly through the lens of data privacy and implications for free trade. Mapping the recent developments, the applicable legal regimes as well as noting the key features of the GDPR, the lecture aims to provide an understanding of the issues and dynamics at stake relevant both for privacy and free trade in the EU and Japan relations.

Bio of Vigjilenca Abazi, PhD

Vigjilenca Abazi is an Emile Nöel Fellow at NYU School of Law and Assistant Professor of European law at Maastricht University, the Netherlands. Dr Abazi obtained her PhD degree at University of Amsterdam and was a Fulbright Scholar at Columbia Law School. She has written extensively on issues of secrecy, whistleblower protection and privacy in the European context, including a monograph published by Oxford University Press (forthcoming, 2018). On issues of whistleblower and privacy protection, Vigjilenca has advised European Union institutions and the Council of Europe, including drafting a legislative bill on protecting whistleblowers in the European Union. She is a Board member in many leading European academic journals and has more than twenty scientific publications.  Upon invitation, Dr Abazi has given numerous lectures including at Harvard Law School, Oxford University, and Columbia University. She has also been invited to present her research at the European Parliament and the Dutch Parliament.

問い合わせ先
東京大学 政策ビジョン研究センター

event

2018年度人工知能学会全国大会 企画セッション「AIに関わる安全保障技術を巡る世界の潮流」(2018/6/5)

開催日程:2018年6月5日(火)17:20-19:00
会  場:鹿児島 城山観光ホテル 4Fエメラルドホール(A会場)
     〒890-8586 鹿児島県鹿児島市新照院町41−1

*本企画は、2018年度人工知能学会全国大会一般公開企画として開催しています。
 当日大会受付で登録していただくことで、無料でご参加いただけます。

概要

2018年3月、「韓国科学技術院(KAIST)のキラーロボット研究への協力を中止する」とした宣言がスチュアート・ラッセル氏やジェフリー・ヒントン氏など世界中のAI研究者から提出されました。4月にはGoogle社員3000人以上がサンダー・ピチャイ最高経営責任者に、AIを軍事利用する米国防総省のプロジェクトから撤退するよう要請する書簡を提出したことが話題となりました。

2015年の人工知能国際合同会議(IJCAI)でも非営利団体のThe Future of Life Instituteによる公開書簡が提出、議論が行われたほか、昨年度の倫理委員会年次大会でも取り上げたように、LAWS(自律型致死兵器)の規制に関して国連で議論も昨年から始まりました。

このような世界的な流れの中で、人工知能学会倫理委員会の倫理指針も、専門家による自主規範として取り上げられています。様々な動向があるなかで、事実を整理して知る機会が技術の専門家にも求められています。

そこで、本公開講座では、安全保障技術をめぐる世界の潮流を理解するため、国内外の安全保障の動向に明るい拓殖大学国際学部教授・海外事情研究所副所長 佐藤丙午氏とLAWSの規制に関する国連の会議を担当されている外務省軍縮不拡散・科学部通常兵器室上席専門官の南健太郎氏をお招きして、お話を伺います。

主催:人工知能学会倫理委員会
共催:Beneficial AI Japan特定非営利活動法人全脳アーキテクチャ・イニシアティブ

プログラム

17:20-17:30 趣旨説明
17:30-18:00 安全保障技術の国際的な動向について(拓殖大学国際学部教授・海外事情研究所副所長 佐藤丙午氏)
18:00-18:30 LAWSと国連の動向などについて(外務省軍縮不拡散・科学部通常兵器室上席専門官の南健太郎氏)
18:30-18:50 質疑応答
18:50-19:00 閉会挨拶

ゲストプロフィール

佐藤 丙午(さとう へいご)

拓殖大学国際学部教授・海外事情研究所副所長。岡山県生まれ。博士(法学/一橋大学)。防衛庁防衛研究所主任研究官、拓殖大学海外事情研究所教授を経て現職。この間、経済産業省産業構造審議会貿易経済協力分科会安全保障貿易管理小委員会委員、外務省参与等も務める。国際安全保障学会理事、日本安全保障貿易学会副会長、日本軍縮学会理事。専門は国際関係論、安全保障、アメリカ政治外交、軍備管理。共著に『日米同盟とは何か』(中央公論新社)、『21世紀の国際関係入門』(ミネルヴァ書房)、「AI(人工知能)と安全保障」『海外事情』2018年3月号。

 

南 健太郎(みなみ けんたろう)

外務省軍縮不拡散・科学部通常兵器室上席専門官。
外務省入省後、情報調査局企画課、総合外交政策局科学原子力課、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部,軍縮代表部(小型武器等通常兵器担当)、在ギニア大使館(参事官)、在ハイチ大使館(大使)、大臣官房儀典外国訪問室、総合外交政策局国際安全・治安対策協力室などを経て、2016年より現職。現在、通常兵器室にて自律型致死兵器システム(LAWS)を所掌し,LAWSに関する政府専門家会合に参加してきている。

event

【イベント】人と機械の適度な距離:ロボット・AI・人体改造

人とロボット、人工知能の関係性はますます複雑になってきています
そして同時に強烈な問いを突き付けます:すなわち人間とは、知性とは何なのか
人と機械は感情的な繋がりを持つことができるのか
機械は人間の機能を拡張するのか
そして研究者の責任やイノベーションの在り方は国によってどう違うのか
本イベントではフランスとロシア、そして日本の研究者が
人と機械の関係性に関する研究動向の様々な事例を紹介します

■日時:2018年5月12日(土) 10:00-12:30 (9:30開場)
■場 所:東京大学本郷キャンパス セイホクギャラリー【地図】
■プログラム
10:00-10:05    開会挨拶:江間有沙(東京大学)

10:05-10:40    講演1:Laurence Devillers (Paris-Sorbonne University, France)
  Affective and Social Dimensions in Spoken Interaction: Technological and Ethical Issues

L. Devillers is a Full Professor of Computer Science at Paris-Sorbonne University and she leads a team of research on ‘Affective and Social Dimensions of Spoken Interactions’ at the CNRS. Her background is on machine learning, speech recognition, spoken dialog system and evaluation. Since 2001, she is working on affective computing and participates in BPI ROMEO then ROMEO2 project, which has the main goal of building a social humanoid robot. She leads the European CHIST-ERA project JOKER: JOKe and Empathy of a Robot. She has (co-) authored more than 150 publications (h-index=36). She is a member of AAAC (board), IEEE, ACL, ISCA and AFCP. She is involved in the Eurobotics Topic Groups: “Natural Interaction with Social Robots” and “Socially intelligent robots”. She is member of the working group on the ethics of the research in robotics (CERNA) and heads the Machine Learning/AI and Ethics WG. She is also involved in the Affective Computing Committee of the IEEE Global Initiative for Ethical Considerations in the Design of Autonomous Systems (2016) and leads the working group P7008 on nudging.

 

10:40-11:15    講演2:大澤博隆(筑波大学)
   Human-Agent Interaction as Substitution of Emotional Labor / 感情労働の代替としてのヒューマンエージェントインタラクション

2009年慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻博士課程修了。2009年慶應義塾大学訪問研究員および米国マサチューセッツ工科大学AgeLab特別研究員。2010年日本学術振興会特別研究員PDとして国立情報学研究所へ出向。同年から2011年にかけて、JSTさきがけ専任研究員に従事。2011年より2013年まで、慶應義塾大学理工学部情報工学科助教。2013年より現在まで、筑波大学システム情報系助教。ヒューマンエージェントインタラクション、人工知能の研究に従事。共著として「人狼知能:だます・見破る・説得する人工知能」「人とロボットの〈間〉をデザインする」「AIと人類は共存できるか」など。マンガトリガー『アイとアイザワ』監修。人工知能学会、情報処理学会、日本認知科学会、ACM等会員。博士(工学)。

 

11:15-11:50    講演3:Elena Seredkina (Perm National Research Polytechnic University, Russia)
  Stakeholder Opinion Survey in Japan and Russia on AI/robots: Global and national perspectives

Dr. Elena Seredkina gained her PhD degree at Saint Petersburg State University in the field of History of Philosophy (2005). She has been working on the philosophy of science and technology at Philosophy and Law Department of Perm National Research Polytechnic University since 2003. Head of the Youth Department of the Union of Artificial Intelligence at the Russian Academy of Sciences in Moscow (2006-2007). Being involved in the research of Technology assessment as a Head of the research laboratory RRI_Lab (since 2014) at the global and national level she has been one of the main leaders on this topic in Russia and constantly works in an interdisciplinary team on the TA/RRI projects. Her research focuses on philosophical and methodological problems of technology, national models of technology assessment and “participatory turn” as a RRI approach.

 

11:50-12:25    講演4:本田康二郎(金沢医科大学)
  What is Body-conservatism  / 身体保守主義とは何か?

東京農工大学工学部卒。東京農工大学大学院生物システム応用科学研究科修了(修士(学術))。北海道大学文学部卒。北海道大学大学院文学研究科思想文化学専攻博士後期課程単位取得退学(修士(文学))。金沢工業大学講師(技術者倫理)、同志社大学講師(ライティング)、同志社ITECリサーチコーディネーター(科学技術政策)を経て、現在金沢医科大学准教授(医療倫理、ライティング)。研究分野は現象学、技術哲学、科学技術倫理。2011年に「ロボット応用哲学会」の創設に関わり、ロボット倫理学の研究を開始する。現在の主な研究関心は、人体改造とトランスヒューマニズムの哲学と倫理である。

12:25-12:30   総括と閉会挨拶:城山英明(東京大学 教授)

■定 員:先着50名
■参加費:無料
■言 語:英語(同時通訳なし)
■申込み:こちらからお申し込みください
■主催 東京大学政策ビジョン研究センター
■共催 AIRBeneficial AI Japan東京大学次世代知能科学研究センター

■問い合わせ先
東京大学 政策ビジョン研究センター

 

event

IEEE EADに関するWS (3/5)のお知らせ

IEEE Workshop “Japan’s Vision for Ethically Aligned Design”

IEEE Standards Association は人工知能における倫理面での標準化を提唱する「Ethically Aligned Design (EAD) Ver.2」についてのワークショップを東京にて開催します。IEEE Global Initiative on Ethics of Autonomous and Intelligent Systems 関係者による基調講演もありますので、ぜひご参加ください。

参加費は無料、言語は英語になります。

開催日時:2018年3月5日(月)2:00 PM - 5:00 PM

会  場:ヒルトン東京

参加申し込みはこちらから

 

event

IEEE Ethically Aligned Design version2ワークショップシリーズ

IEEE Ethically Aligned Design (EAD)はThe IEEE Global Initiativeが作成した報告書で、知的な機械システム(Autonomous and Intelligent System)に対する恐怖や過度な期待を払拭すること、倫理的に調和や配慮された技術をつくることによってイノベーションを促進することが目的です。

本ワークショップでは、EADversion2の内容を理解し、情報系研究者や人文社会科学系研究者、ビジネス、政策立案者ら、関係者同士での議論を深めて交流することを目的に行います。また、これらの議論の内容をまとめてIEEE Global Initiativeにフィードバックするため、議論内容を英語でまとめて日本の事例や意見として発信します。

詳細はこちらの特設サイトをご覧ください

report

Beneficial AI Tokyo報告レポート

AI and Societyシンポジウムと連動して2017年10月12日に開催されたBeneficial AI Tokyoでは、人工知能(AI)の開発を安全で有益なものとするために協力するグローバルコミュニティの構築が議論されました。

学界やNPO/NGO、企業グループからの参加者が集まり、以下の13のテーマについて話し合いました。

  1. Beneficial AIに対する企業の考え方
  2. 基礎研究とBeneficial AI
  3. 長期的なリスクとベネフィットのために短期的に
    できること
  4. 日本でBeneficial AIコミュニティを作るには
  5. Beneficial AIについて境界を越えて取り組むには
  6. 技術的なAI安全性
  7. バイアスとプライバシーに対する技術的な論点
  8. Beneficial AIに対する規制?
  9. AI倫理,誰が声を上げるのか
  10. AI軍拡競争の回避
  11. 未来のポジティブなAIビジョン
  12. 底辺の10億人のためのAI
  13. Beneficial AIのためのコミュニティづくり